芸能事務所

プラチナムプロダクション

投稿日:

プラチナムプロダクション headerimage

プラチナムプロダクションは東京渋谷区に本社を構える芸能事務所です。元々グラビア・モデルが中心の事務所ですが、今ではバラエティー豊かなタレントやアーティスト、さらにアスリートが在籍しています。ここではプラチナムプロダクションの特徴やどんなタレントが所属しているのかご紹介しましょう。

プラチナムプロダクションの特徴

プラチナムプロダクションは2000年12月に設立されました。前身は「プレミアムプロモーション」という芸能事務所から、モデル・タレント・グラビア部門を独立させて誕生しました。レコード会社の「エイベックス」と前身が業務提携していた縁により、同会社からCDを出すことも多いです。現在はエイベックスのグループ会社に含まれていません。

プラチナムプロダクションでは臨時でオーディションが開催されており、13~23歳まで応募可能です。また、小学生から高校生向けのオーディションも開催されています。スカウトでもタレントを発掘しており、太田浩平氏は凄腕スカウトマンとして有名です。

プラチナムプロダクションが成長した背景

2002年に全日本GT選手権(現在のSUPER GT)のイメージガールとして、「wi☆th」というユニットをプロデュースします。そのユニットには元グラビアアイドルで現在はバラエティアイドルの若槻千夏が所属しており、ブレイクを果たします。このブレイクをきっかけにレースクイーングラビア業界に本格的に進出しました。

さらに2003年には、同年にスカウトされた女優の岩佐真悠子がグラビアコンテストの「ミスマガジン」でグランプリに選出されました。これ以降、タレント、モデル、グラビアアイドル、レースクイーンをたくさん輩出し、急成長を遂げます。その後は男性タレントの所属も増えて俳優・女優分野にも力を入れました。

プラチナムプロダクションのタレント

プラチナムプロダクションは女性を中心に、たくさんの芸能人が所属しています。その多くがバラエティー番組やドラマ、映画、雑誌に登場し、人気を博しています。所属する女性タレントは若槻千夏、小倉優子、おののおか、小柳ルミ子、トリンドル玲奈、東原亜希などです。

一方、男性タレントはKABA.ちゃん、加藤晴彦、袴田吉彦、金子賢などがいます。この他にも2007年に子会社を設立させて音楽事業を展開し、2009年からは文化人・アスリートのマネージメントも始めています。

まとめ

プラチナムプロダクションは若い事務所ですが、ブレイクしたタレントが数多く所属しています。モデルやタレントに限らず、文化人やアスリートと幅広い分野に手を広めています。将来性を見込める芸能事務所なので、これからの成長や所属タレントに注目してみましょう。

-芸能事務所

Copyright© リードワンプロモーションなどの芸能事務所の特色についてのまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.