芸能事務所

ホリプロについて

投稿日:

ホリプロ

ホリプロは、東京都目黒区に本社を置く芸能プロダクションです。1960年に「有限会社堀プロダクション」として設立。マネジメント事業以外にも、演劇や音楽、映画の興行などを行い、3年後には資本金250万円で「株式会社ホリプロダクション」に改組します。

1965年には、のちに「ホリミュージック」となる「東京音楽出版」を設立。
さらに4年後には、「ホリ企画制作」を設立し、CMや映画、番組の制作にも乗り出します。

1970年代半ばになると、山口百恵や森昌子などの人気スターを次々と輩出。

1976年から開始された「ホリプロタレントスカウトキャラバン」からは、数々の有力新人が生まれてきました。
このような流れから、ホリプロは女性タレントの登竜門という位置づけで、大手プロダクションの一員として認められていきます。

1987年には、ホリミュージックやホリ企画制作を吸収合併。その後は、飲食店やアメリカの出版業務などにも事業を広げていきます。

1992年には、現在の「株式会社ホリプロ」へと名称を変更。

1990年代にはお笑いブームの流れに乗って、お笑い勉強会を開設。また、中学生以下のタレント育成を目ざして、1997年に「ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー」も設立されます。

2003年代には、子会社化による事業の分化が進んでいきます。まず、2003年に俳優中心の「ホリプロ・ブッキング・エージェンシー」を設立。2005年には、お笑いタレント事務所の「M2カンパニー」を完全子会社化して「ホリプロコム」に。

2007年には、ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーで発掘したタレントの事務所として、「ホリプロ・インプルーブメント・アソシエーション」を設立しています。

さらに、2014年にはエンターテインメント分野での若い人材育成を目的として、一般財団法人「ホリプロ文化芸能財団」も設立。育成にますます力を入れていきます。現在のホリプロは、マネージメント、映像、公演、スポーツ文化、音楽など7つの事業部と12の子会社および関係会社でグループを構成。

なかでも公演事業では、1981年にスタートしたミュージカル「ピーターパン」が毎年恒例の人気作品となっています。また、音楽事業でも数々の曲が大ヒット。また、ダイレクトコミュニケーション事業部では、動画配信サイトでのコンテンツ制作やグッズ販売、ファンクラブの運営などを担当。

2011年には、アニメーション事業への参入を視野に入れて、ホリプロタレントスカウトキャラバンの「次世代声優アーティストオーディション」も行っています。

これからもホリプロでは、ますます時代に合わせた新しい事業が必要となっていくことでしょう。

-芸能事務所

Copyright© リードワンプロモーションなどの芸能事務所の特色についてのまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.